看板屋さんから見積りをもらったんだけど、内容がよくわからない…??。
よくわからない項目が記載されていて金額の妥当性もわからない。。
という方の為に、少しでもお役に立てればと思い簡単ではありますがこのページを作ってみました。    【こんなお得な看板パックいかがですか?】

アルミ複合板とは、低発泡ポリエチレンを薄いアルミ板で挟んだ板の事です。
低価格で軽くて丈夫な上に耐久性・耐水性に優れているため、屋外でよく使用されます。
光らない看板やスポットライトを外から当てる看板の見積りに記載されている事が多いです。板の厚みは通常3ミリを使います(3t)

よく使われる板のサイズは1,820ミリ×910ミリですので、この板のサイズを基準に大きさを決めるとお得になります。   アルミ複合板って?

【ij出力+UVラミネート】とは

インクジェット出力印刷+UV(紫外線)カットラミネート加工の略語です。
インクジェット出力印刷は印刷機で看板のデザインを印刷し製作します。

カッティングシートとは異なり、複数色やグラデーションのかかったデザインや、

細かなデザイン・写真なども再現可能です。
【UVラミ】UV(紫外線)カットラミネート加工のことです、

ij印刷を傷や紫外線から守ります。

CSとはカッティングシートの略語です。
看板を製作する際には、多くの場合シートを使用します。
(昔のように看板にペンキで文字を書く事はほとんど無くなってきています)
シートは、大きく分けてカッティングシートとインクジェットシートの2種類があります。
カッティングシートは、単色のシートを文字やデザインなどの形にカットして使用します。           カッティングシートって?

部材や資材費など、色々な雑費が含まれる事がおおいです

(看板取付時に使用するアンカーやビス、ボルト、両面テープ、ボンド等、色々)
交通費、駐車場代、運搬費等
看板屋さんによっては、別項目で記載している場合もあります。

デザイン費はデザイン(データ)を作成するための費用です。

レイアウト・ロゴマーク・イラスト・写真加工 等

※デザインの内容により作成費が異ります。

よくご質問をいただくのが、

「デザインを自分で用意したのになんでデザイン費用がかかるの?」と言うご質問
デザイン費用にはいくつかの段階があります。
   1,デザインを全く用意していない場合
   2,デザインは持っているが手書きやイラストレーター以外のソフトで作成している場合
   3, デザインをイラストレーターで作っているがサイズ等の手直しが必要な場合
   4,デザインをイラストレーターで作っていて、手直しが不要な場合

・この中でデザイン費がかからないのは、

 4の「デザインをイラストレーターで作っていて、手直しが不要な場合」だけです。
 その他の場合は通常、費用が発生します。

・デザインの金額は看板屋さんによって異なります。

・看板をオーダーする際に自分がイメージしているラフスケッチ等を提出していただける と正確なイメージが伝わると思います。

●どうして看板屋さんによって、こんなに値段が違うの??
相見積もりを取った場合、最高価格が最低価格の倍以上で金額の差がかなり高い場合もあります、決して騙そうとして高い金額になっている訳ではありません。もう一度見積書を見比べてください、使う素材・作り方が異なれば金額に差がかなり出ます、
例えば、ベース板(アルミ複合板等)だけの看板と、それにアルミや鉄のフレームがある看板では値段がまったく違います。
広告代理店さんや工務店さんからのご依頼の場合は、ある程度の図面があるので、
金額にあまり差はでませんが、口頭やフリーハンドで書いたラフな図で
「こんな感じの看板、いくら?見積りお願いします」では使用する材料や製作方法が
詳しくは分らないので、すべて看板屋さんのお任せとなる為、値段がまちまちになってしまいます。相見積りを取る場合は、まったく同じ条件で見積りしてもらわないと意味がないので使う材料、木、鉄、アルミ、ステンレス等を指定して見積りしてもらいましょう。

●看板屋さんにこと細かく提案やデザインをしてもらい、
そのアイデアやデザインをもって他の看板屋さんに。。
アイデアもデザインも決まっていればたしかに安くはなりますが
あまり好ましいこととは言えませんし、著作権違反にもなります

値段だけで判断される相見積をご希望のお客様はお断りさせて頂きます。
申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

看板屋さんを紹介してくれるサイトは信用できるの?って不安に思われたことはありませんか?弊社にもよく登録しませんか?という電話やメールがきます
ちゃんと業者を選定しているサイトもありますが。。

右から左で中間マージンだけをとるようなところも実際にあります。

お近くの看板屋さんをちこっと覗いてみたり、HPなどの施工事例を参考にして

自分のイメージに近い看板屋さんを探されるのがいいのではと思います。

 

説明を聞いてもよくわからない!っというお客様にお得な看板パックいかがですか?